スキー板のチューンナップについて

スキー板のチューンナップについて スキー板は一度でも使用するとエッジが丸まり、滑走面はケバ立ち、また石を踏んだりしてエッジ・滑走面に傷が出来たりすることもあります。
さらにひどくなるとエッジは錆びつき滑走面は酸化してしまうことがあります。
これらを何もせず放置しているとスキー板の滑走性能が低下してしまいワックスを塗るだけでは性能を取り戻すことはできずに、結果として板の寿命を縮めてしまいます。
こういったことを回避するために板のチューンナップをオススメします。
スキー板の滑走性を高めるためには滑走面と雪の接着面をできるだけ多くすることが基本になります。
チューンナップをすることで、板の傷を補修したりして性能を保ち、板の寿命を伸ばすことができます。
チューンナップをするじきについては、シーズン中に何度使用するかなどによって変わりますが基本はシーズン前、シーズン中、シーズン後の3度実施するのがオススメです。
また、チューンナップは傷の補修をする以外にもビベリング加工と呼ばれる、板の操作性を高めるためにエッジに角度をつけて削る作業やストラクチャー加工と呼ばれる、滑走中の排水効果を高めるために滑走面に意図的に細かい溝を作る作業などもあります。

スキー板のチューンナップは専門店に依頼するのが良い?

スキー板のチューンナップは専門店に依頼するのが良い? スキーを趣味にしている人であればチューンナップの重要性はご存知でしょう。
エッジの状態が悪くなると滑走中の制御が効かなくなるので非常に危険です。
そのためワンシーズンごとにチューンナップをしておいた方が良いです。
しかしチューンナップには費用がかかります。
そのためスキーグッズの専門店に依頼せずに、自分で行おうとするケースも多く見受けられます。
しかし自分で行う場合は失敗することも多いので注意してください。
特に多いのは、エッジを錆びさせてしまうケースです。
酷く錆びた場合、自分で以前の状態に戻すのは非常に困難です。
少しであればシャープナーを使用して錆を落とすことも可能です。
しかし前のシーズンから錆が広がり続けていた場合は、自分では取れないと考えた方が良いです。
強引に削り取ろうとすると、滑走側の面に細かな傷を沢山つけることになりかねません。
そうなると、ワックスを塗っても一時的にしか効果がないでしょう。
豊富な知識があるのであれば、このような事態になるのは避けられます。
しかしそうでないなら、チューンナップは素直に専門店に依頼した方が良いでしょう。
失敗してスキー板を買い替えることになると、大きな出費になってしまいます。

安江翔太の関連情報サイト

安江翔太の人となりを調べるならおすすめです。

安江翔太の気になる情報を調べましょう。